投稿

39歳の誕生日を迎えたフェデラー。テニス界の生ける伝説の凄さ‼️

イメージ
こんばんは、D-tennis本校の須藤です‼️
今日は39歳誕生日を迎えたフェデラー選手の「テニス界の生ける伝説」について
お話を致します。😊

誕生日企画として、これまでにフェデラー選手の残した記録をまとめている。

世界100位以内(トップハンドレッド)に史上最も長くランクし続けており、世界1位の通算在位期間も310週でトップ。

通算獲得タイトル数は100を超えるが、これは元トップ選手のジミー・コナーズ氏(アメリカ)に次いで歴代2位の記録であり
最多マッチ勝利数でもコナーズ氏の1274勝まで残り33勝と迫っている。

フェデラー選手の驚異的な記録はそれだけではない。2003年のウィーン大会から2005年のバンコク大会に至るまで、決勝で24連勝という抜群の勝負強さ。

18年にはATPツアー最高齢での世界1位を記録。さらに、2004年のウィンブルドンから2010年の全豪オープンまで、グランドスラムで23回連続の準決勝進出を果たしている。😃

全てのサーフェスで偉大な功績を残しているフェデラーだが、特筆すべきはやはり芝コートでの成績だろう。

ウィンブルドンを含め、芝コートでの通算タイトル数は19。第2位の記録を持つサンプラスは10のため、フェデラーがいかに芝コートで強さを発揮している。😉

現状、芝コートでのあらゆる記録において、フェデラーを凌ぐプレーヤーは存在していない。

さらに、アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した、昨年6月からの1年間で「最も稼いだスポーツ選手」の順位でも、首位常連プロサッカー選手の
リオネル・メッシ
クリスティアーノ・ロナウド
彼らを抜いてトップに立った。

40歳を目前にしても、いまだ世界のトップで輝き続けるフェデラー選手。そんな彼が明かした大きな目標の一つが、
聖地「ウィンブルドン」で21個目のグランドスラムタイトルを獲得すること。

さらに、2021年開催予定の東京オリンピックやレーバー・カップにも出場の意向示している。

現役生活の残り時間はそう長くはないだろうが、いつかその日が来るまで、可能な限り彼が活躍する姿を見ていたい。😃

それではまた明日😎

林田コーチがバックハンドストロークで気にしている事【画像あり】

イメージ
こんにちわ😀
今回は私の両手打ちバックハンドストロークについて解説しようと思います🥎 
是非、皆様のバックハンドの参考にしてみてください❗ 
①構え チェックポイント❗ 1.スタンスは肩幅より少し広め 2.方の力を抜くためにヒザを柔らかくする 3.かかとに体重を乗せない
②ターン チェックポイント❗ 1.肩を入れる【体を捻る】 2.右肩越しにボールを見る 3.ラケットはまだ引かない

③テイクバック
チェックポイント❗ 1.ヘッドを立てる【ここはひとそれぞれ】 2.手首の形は構えの時と一緒 3.体の右側に壁を作るイメージ

④打点
チェックポイント❗ 1.ラケット面は垂直 2.目線は打点に置く 3.体を捻って準備した分、戻して打つ
ダメポイント 1.右ひざが伸びてしまっていてパワーが伝わりません

⑤振り抜き
チェックポイント❗ 1.左肘を高く上げる 2.右足に体重を乗せて振りぬく
⑥フィニッシュ チェックポイント❗ 1.左足が右足の横へ移動  ↑大事です!    パワーが伝わりやすくなる。   戻りが速くなる。   コントロールが良くなる。

さて、両手バックハンド編いかがでしょうか? もしよければ参考にしてみてください😄

林田コーチがストロークで気にしている事 後半戦【画像つき】

イメージ
こんばんわ🌛

さて今日はストローク解説後半戦です😁

さっそく行ってみましょう🛴



⑤ フォロースルーpart1

チェックポイント❗
・大きく前へスイング
・ラケットヘッドが前を向く


⑥フォロースルーpart2

チェックポイント❗
・右ひじがアゴの前
・左足に体重が乗った状態で終わる


⑦フィニッシュ



チェックポイント❗
・左足の右側に後ろ足が出る
・横に出た右足のつま先が前を向く


以上となります🤩

今は無意識にやっているので頭で考えていませんが、できるまで一つ一つを繰り返し
体が覚えるまでやり続けました😉

よかったら是非参考にしてみてください👀

次回は両手打ちバックハンド編です~

お楽しみに~

林田コーチがストロークで気にしている事 前半戦【画像つき】

イメージ
こんばんわ🌛

美しいストロークのフォームを探し続ける林田です😉

今回はストローク編で画像と共に解説していきたいと思います❗


①構え

チェックポイント❗
・肩の力を抜く ・膝を軽く曲げる ・グリップを軽く握る

②テイクバック チェックポイント❗
・肩のターンが最初 ・ターンが終わるまでラケットは引かない ・目線は前

③スイング前 チェックポイント❗
・左手を出す ・おへそとボールはなるべく遠めに ・グリップはまだ軽く握る

④インパクト チェックポイント❗
・目線は打点に ・ラケット面はまっすぐ当てる ・打点は前

いかがでしょうか? いきなり全部だと頭がパンクすると思うので1個ずつやってみましょう❗
次回は後半戦です❗ フォロースルー~フィニッシュまでの解説をしますよ😜
お楽しみに~


林田コーチがサーブで気にしている事【画像あり】

イメージ
こんにちわ 😁 林田です😎
久しぶりの投稿になってしまいました💦
今日は私のサーブを画像と一緒に見ながら解説したいと思います❗
皆様のサーブの参考に良かったらどうぞ👍

①トスアップ 手元をご覧ください。目線より少し上でボールを離しています。
何故ここで離すのか? ・トスを高く上げる為 ・左手を高く上げる為 ・頭の上にボールを上げる為
②トロフィーポーズ 左手をご覧ください。上に向かって伸びています
何故左手を上げるのか? ・溜めをつくる ・バランスを保つ ・ボールとの距離を測る
③スイング ここでの注目ポイントは目線右ひじの位置です。
何故目線に注目するのか? ・目線を上に向けて打点を高くする ・スイング時のバランスを保つ
何故右ひじに注目するのか? ・ひじを上げる事で打点を高くする ・地面を蹴る力をボールに効率よく伝える為
④インパクト 左足の真上でボールを捕えています。 地面を蹴る力を効率よく伝える為にここで捕える様にしています!
他の大事なポイント! ・目線はボールへ ・左腕は体の開きを抑える為に胸の前へ(クロスタイプ)

⑤フィニッシュ 着地した左足に注目です 左つま先が打ちたい方向を向いて着地しています ・打ちたい方向へパワーを効率よく伝えられます。

以上が林田コーチがサーブで意識してやってきた事です! 是非試してみてください😁

ダブルスパートナーの選び方④

こんばんわ😁

今回でダブルスのパートナーの選び方最終回です❗


最後はあなたのプレースタイルが守備的ネットプレーヤーの場合です❗

攻撃的ネットプレーヤーと組む事をおススメします😁
戦い方としては並行陣がメインです。あなたはサービスライン辺りでロブの警戒をしながら深いボールで相手に攻めさせない様にプレーしましょう!
後ろをしっかり守ってもらえる安心感で相方がどんどん前でポイントを取ってくれますよ!

攻撃的ストローカーと組むのもお勧めです❗
あなたがストレートロブ等で頭上を抜けれてしまうと味方の攻撃的ストロークが生かせないので、しっかりと縦方向のケアをしましょう。味方の攻撃的ストロークでチャンスボールが来たらあなたもしっかりとポイントゲットしましょう!

基本的に守備タイプ同士で組むとポイントが取りにくいので、攻撃が得意な人と組むと良いですよ!

ただ、あなたが体力とラリー力に自信があるなら同じタイプで組み、徹底的に守り相手のミスでポイントを稼ぐという手段もあります。


さて今回は攻撃的か、守備的かで簡単に紹介しましたが、またの機会に違った角度からパートナーの組み方を紹介したいと思います!

ありがとうございました😁

ダブルスパートナーの選び方③

どーも林田です😆

今日も引き続きダブルスパートナーの選び方についてお話させて頂きます❗



あなたのプレースタイルが攻撃的ボレーヤーの場合

守備的ストローカーと組めば、あなたがネット前で自在に動ける事でしょう
ストレートを抜かれてもきっと拾ってくれるはずです!そうすればより攻撃的なポーチができるので相手にプレッシャーを与えられます。プレッシャーを与え続ければ相手はあなたの事が気になりだして意外とミスをしてくれますよ!

攻撃的ストローカーと組むと、短時間で試合を終わらせる事ができ体力温存に繋がります。戦術としては相方に攻撃的ストロークを打ってもらい、相手のコントロールを奪います。コントロールされていない相手ボールをあなたが決めましょう!しかし意外とこのチャンスボールで手打ちになる事があるのでしっかりと球出し練習で簡単なボールをより簡単に決める練習をしましょう!

守備的ボレーヤーと組むと、バランスがとても良いです。常にあなたはパートナーより前に立ち相手にプレッシャーをかけます。深いロブは相方に処理を任せ、あなたはしっかりと決められるボールに集中しましょう!

攻撃的ボレーヤーと組む場合は気を付けましょう!二人が同じプレースタイルだとハマれば強いのですが、ミスが先行してしまうと一気に負けてしまいます。相手も攻撃に対しては守りで対応(ロブ)してくる事が予想されるのでできればどちらかが少し下がって守りたい所です。それでも勝つ為には相手の前衛とボレー勝負に持ち込みましょう!ストロークと勝負するとロブで交わされますが、相手ボレーヤーと勝負すれば2体1の有利な状況で勝負できます!


今回は全パターンを紹介しました。あなたとペアの方のプレースタイルによって戦い方は大きく変わってきます。セオリーも大事ですが、自分のプレースタイルに合う戦い方も知っておくと良いですよ!

次回はあなたのプレースタイルが守備的ボレーヤーの場合についてお話させて頂きます😁